よくある質問

Q. 査定だけでもしてくれますか?

A. 無理に売却をおすすめしたりすることはありません。
お買い取りが成立しなくても、査定、出張費はいただきませんのでご安心ください。

Q. 1点だけでもいいですか?

A. はい。どんなお品物でも、1点からご自宅におうかがいします。

Q. 買い取りに必要なものは何ですか?

A. 住所、氏名、生年月日が記載された身分証明書が必要です。
これは、古物営業法で指定されているものですので、ご協力をお願いいたします。
二回目以降の買い取りの場合も、買い取りのたびにご提示いただきます。

Q. 未成年でも売却できますか?

A. はい。ただし、未成年者の場合は保護者の方の同意が必要です。
保護者に同席いただけない場合は、あらかじめ同意書をご用意下さい。

Q. 支払い方法は?

A. その場で現金にてお支払いします。
金額が大きい場合は事前にご相談下さい。金額が大きく、現金での受け取りに不都合がある場合は、金額によってはお振込も検討します。 ご相談下さい。

Q. 買い取りより下取りの方がお得じゃないの?

A. いいえ、買い取りの方がお得です。
なぜなら、下取りはそれを本業としていないため、買い取り業務に時間やコストをかけていないからです。 お品物の状態を見極めたり中古相場の動向を把握することが難しいので、ブランド名や型番だけで一律の価格付けをしていることがほとんどです。 買い取り業者は、買い取りのプロですので、より正確な中古相場を知っています。だから、売れるものに関しては高い査定を付けることができるのです。
ただし、新古品や、次のモデルが出ていない最新のカメラのような場合は、下取りの方がお得な場合があります。

Q. 本物のダイヤモンドかわからないのですが

A. その場で真贋チェックが可能です。
ダイヤモンドテスターという機械があり、表面に当てるだけでダイヤモンドかczかを判別できます。 もちろん、ダイヤモンドに傷などのダメージは与えません。

Q. 鑑定書がないと宝石の買い取りはできませんか?

A. いいえ、最初からないもの、なくしてしまったものでも、買い取りできます。
鑑定書は査定の際の参考にはなりますが、それだけを元に査定するわけではありません。現物を拝見して価値を評価します。

Q. 相場がわからないのですが、本当に高く買ってくれますか?

A. 金、プラチナ、ダイヤ、ビンテージカメラなどは、比較的相場が安定していますので、信頼性のある価格をご提示できます。
ミシン、時計など相場が変動するものについては、お客様に相場情報を提供いたします。 買い取り額が上がりやすい「時期」のあるものについては、より高額査定がつく時に売っていただけるよう、ご案内をいたします。

Q. 業者の在庫処分です。同型、大量でもいいですか?

A. はい。すべての買い取り品で、業者様からの売却も承ります。
中古、新品、問いません。ただし、数量が多い場合は査定と同時日の引き取りができない場合もあります。
別途、移送の手配をしますのでご了承下さい。

Q. 買い取りリストにない品はダメですか?

A. いいえ、「買い取りできるもの」リストにあるのは、高値が付きやすい商品のごく一部です。
これまで値が付かなかった物でも、「某ドラマで使われた一眼レフ」のように、急に中古市場で人気が出る商品というのもございます。一度ご相談下さい。

Q. 動かない時計は修理してから査定すべきですか?

A. いいえ、修理しなくてもかまいません。
高級なブランド時計は、修理費も高額ですので、買い取り価格を上回ってしまう場合があります。 ブランド時計は大抵の場合、部品交換で使えるようになりますし、パーツ取りの需要もあります。
現状のまま査定、買い取りいたします。

Q. カメラにカビがあります。買い取りできませんか?

A. 状態によります。
レンズ表面でしたら簡単に除去できます。ボディ内部、レンズ内部のカビの除去には分解が必要ですので、そのままお売り下さい。
画像を送るので、メールで査定して欲しいのですが
申し訳ありません。電話やメールのみでの査定はできません。
これは、一律で価格を出しているのではなく、ひとつひとつの価値を見出だして査定しているためです。 ご訪問する事前に、査定可能な商品かどうかをご相談いただく際には、電話やメールは歓迎しています。